歯を失う原因のほとんどは虫歯と歯周病によるものです。歯にダメージを与えたくない・・・それには、早期発見、早期治療にかなうものはありません。
アリスビル歯科アクセスマップ診療時間
トップページ > 診療内容 虫歯と歯周病 その他
院長よりご挨拶施設案内治療方針と流れ診療内容虫歯と歯周病・その他小児歯科義歯(入れ歯)審美歯科予防歯科/歯のクリーニング・メインテナンス治療アクセス
歯を失う原因のほとんどは虫歯と歯周病によるものです。

削らなくてもよい虫歯ってあるの?
ごく初期の表面だけ虫歯なら口の中全体を清潔にたもつ指導(プラークコントロール)をします。
特にその歯と周りは念入りに調べます。
歯の表面を清掃しフッ素を塗布(歯の表面の強化を促進する)します。
良い状態を維持できれば、そのまま経過観察ですむ場合があります。

進んだ虫歯はなぜ削らなくてはいけないの?
主な目的は、細菌の入り込んだ感染した歯質(歯の部分)を除去して、細菌の侵入から歯を守るためです。
歯質の残せる部分と残念ながら残せない部分、神経に近い所は、ⅯIの考え方に基づいて慎重に判断しながら、少しずつ丁寧に必要最小限だけ除去して治療を進めていきます。
虫歯が深くても神経の自然な回復力がまだ期待できる時は、促進する材料を入れて、しばらく経過を観察してから神経が残せるのかどうかを検討する場合もあります。
細菌が侵入して歯の神経の炎症がひどい場合や化膿している場合は、神経を除去し、根管治療と呼ばれる歯の根の治療を施します。

そのあとはどういう治療なの?
歯の形態や咬み合わせを修復していきます。歯に詰め物や部分的な被せ物、もしくは全体の被せ物が必要となります。
金属色をしたもの、歯に近い白いもの、金属と白い材料を組み合わせたものがあります。これには現在、いろいろな材料と技術があります。
保険が適用される治療か、自由診療が適用される治療か、の分け方もあります。
また、咬み合わせや歯の状態によって、各人適するものが異なります。
見た目が良いかどうか気になる、など、患者さんのご希望を伺いながらカウンセリングを行い、わかり易い説明で提案いたします。
虫歯の大きさと形によっては、歯に白い詰め物(接着性コンポジットレジン・保険治療)ですむ場合がありますので、虫歯が大きくならないうちに早く受診するのが、肝要です。
歯にダメージを与えたくない・・・
それには、早期発見、早期治療にかなうものはありません。

歯周病ってなに?
歯肉(歯ぐき)と歯の周りを支えている骨の病気です。
歯周病は歯肉炎と歯周炎に分かれます。

・歯肉炎
歯肉は腫れているが、歯の周りの支えてる骨には影響がありません。

・歯周炎(歯槽のうろう)
歯肉炎だけでなく、歯に周りを支えている骨が溶けてきて減っています。
歯肉から出血したり、歯が少しグラグラしてこないと、かなり進行するまで
気が付かない事がある病気です。

歯石がついてるってどんな状態なの?
歯肉炎、歯周炎、のどちらの場合もあります。
小さな子供でも付くことがあります。
少々でも歯石がつけば、そこの部分には炎症がおきています。放置しておくと、歯周炎となり進行していきます。
初期では自覚症状はありません。
定期的に除去するのも大切ですが、歯と歯肉の境目をつなぐ上皮付着(細菌の侵入を守っている)という部分は、とてもデリケートで不安定です。簡単に勃発期(悪化する時期)と静止期(悪化しない時期)を繰り返しながら、少しずつ進行してゆきます。
「つかないようにケアをする」ことにより、歯の周りが常に清潔に保たれる。良い状態を出来るだけ維持するポイントです。

どんな治療が必要なの?
●検査を行って状態を調べます。
  *歯周ポケット(歯と歯ぐきの間にある狭い隙間)の検査
    歯の動揺度の検査、出血の有無、
  *レントゲン画像による検査(支えている骨の減り方や状態)

●検査の結果をふまえて
  *ご自身で口の中を清潔に保つための、セルフケアの指導(プラークコントロール)をします。
   生活習慣も影響しますので、お伺いします。
  *歯石の除去
   超音波で振動を与えたり、細やかなところは小さな手用器具を使って除去します。
    歯にダメージを与えないように、慎重におこないます。
  *歯のクリーニング
   まだ歯石になっていない歯垢や着色(歯の汚れ)を回転清掃器具や、エアブロー
    (水と空気で微粒子のパウダーで汚れを吹き飛ばす)できれいに取り除きます。
   歯の表面がつるつるになる事によって、歯垢や歯石の再付着を防ぎます。
  *状態によって、メインテナンス治療を検討します。
   メインテナンス治療は、出来るだけ良い状態を維持するのが目的の治療です。
  *どうしても改善されない部分は、場合によっては小さな外科処置 も検討します。
歯周治療は、ご自分で歯ブラシなどのセルフケアと、歯科医院でのプロフェショナルケアの両方がとても大切です。

歯がしみる?
●虫歯
●知覚過敏症
●咬み合わせにより歯にひびが入っている、歯の一部が剥離している

歯が痛くて腫れている?
●虫歯の進行
●部分的な歯周病の進行
●もぐっていて見えない親知らずがある

歯がグラグラする?
●末期の虫歯
●歯周病
●咬み合わせの変化、歯に負担過重がおきている

口内炎ができた?
●口内炎
●歯の根が化膿して膿が出ていた

お口の中は、ご自身ではなかなか分かりづらいものです。
いろいろな原因が考えられますので、まずは受診してください。


Copyright © アリスビル歯科. All Rights Reserved.
アリスビル歯科 葛飾区高砂・京成高砂駅北口降りてすぐ女医歯科 デジタルレントゲン導入・低被ばくで安心です