虫歯や歯周病のきっかけは?

虫歯
*歯の表面は、食べ物飲み物により歯が溶け出す(脱灰)と、唾液の成分による修復(再石灰化)を常にミクロの単位で繰り返しています。歯ブラシの仕方やタイミングが悪いと、この仕組みが上手く働きません。原因菌も増えます。そのまま放置すると歯垢(プラーク)がたまり、虫歯や歯周病の細菌の温床となります。



歯周病
*歯垢(プラーク)は



予防ってどうしたらいいの?

セルフケア
ご自身でのいわゆる歯みがき(口腔内の清掃)です。
同じ3分でも自分に合った効率の良い歯みがきを知ることです。セルフケアのための指導は、いかに効率の良く清掃するかのお手伝いです。
歯みがきを上手におこなって、出来ればバイオフイルムの成熟をさせないようにするのがねらいです。

プロケア

*歯のクリーニング(PMTC)は
まだ歯石になっていない歯垢や着色(歯の汚れ)、バイオフィルムを
・回転清掃器具や
・エアブロー(水と空気と微粒子のパウダーで汚れを吹きとばすジェットクリーニング)できれいに取り除きます。
歯の表面がつるつるになる事によって、歯垢や歯石の再付着を防ぎます。
タバコのヤニや茶渋なども同時に落ちて、きれいになる効果もあります。

*メインテナンス治療と定期検診
定期的にお口の中の状態を調べて、セルフケアがうまく機能していているかどうか調べます。歯のクリーニング(PMTC)を繰り返していく事で、弱くなりかけている部分の、環境が改善されるのを助けます。
理想的な間隔は、個々人の状態によってちがいます。
状態の悪い方や不安定な方は2か月~~状態が良く安定している方は8か月位が、おおよその目安です。

以上、「虫歯と歯周病」の項目から「メインテナンス」まで、要点の一部だけを、かいつまんでの説明となりました。 
歯科医院のイメージが〝なるべく行きたくない所”から少しでも変われば幸いです。
              院長